福祉医療 大学について

生活や健康に密接する分野を学ぼう

福祉医療を学べる大学は年々増加傾向で、特に社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士、看護師等を養成する学科が増えています。
社会全体の高齢化に伴う医療や福祉のサービスの必要性が高まっており、今後の人材を養成しようとする動きが多く観られます。
旧来、福祉や医療に関する学部や学科といえば社会福祉学部などが代表的でした。
昨今では社会福祉学部以外でも複合的に学んで複数の資格を取得することのできるところも多いです。
複数の資格を取ることによって専門性の幅が広がり、就職だけでなく専門職としての能力も期待が寄せられます。
また、通信制大学でも福祉医療に関する学科を設けているところも多く、福祉や医療の現職者が仕事を続けながら更に学んだり、新たに資格を取得する機会になっています。
実務経験のある人が更に学ぶことによって専門性が深まることが期待されます。
福祉や医療は人の生活や健康に密接する領域です。
苦労も少なくない分野ではありますが、とてもやりがいのある分野でもあります。
それを大学で学ぶことは有意義でしょう。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 福祉医療 大学 All Rights Reserved.